脱毛ラボ/脱毛施術の注意点

脱毛で失敗する前に、脱毛ラボでの注意点を確認!

光脱毛では事前の自己処理が必須

脱毛ラボのフラッシュ脱毛は、黒い色に反応する特殊な光を部位に当てて脱毛処理をします。どの脱毛サロンでも「脱毛施術前に部位のムダ毛処理をしてきて下さい」とお願いされるのは、ムダ毛が生えていると光が過剰に反応してしまうから、です。
剃った後の黒い点に反応させるので、シェービングしてきてもらうわけですね。毛根まで毛を抜いてしまうと、この黒い点がなくってしまうのでフラッシュ脱毛ができない=つまり毛抜きで抜いてはダメという事です。脱毛ラボに関するQ&Aも必ず確認しましょう。

 

脱毛ラボでも「施術前にシェービングしてきて下さい」と言われます。剃り残しがある場合、また背中やOゾーンなど自分では処理が難しい部位の場合には有料でシェービングをしてくれますが、1,000円〜1,500円ぐらいかかります。
そこで、自分で脱毛サロンに通う前処理としてシェービングをする時のポイントを挙げておきます。

 

シェービング(剃刀)で自己処理をする際のポイント

新しいカミソリを使う

当たり前のようですが意外と多くの人が「カミソリを何度も使う」「家族で共有している」といったような事があるようです。衛生面でももちろん、刃が欠けていたり錆びたりしていては逆に皮膚を傷つける危険が増します。必ず新しいカミソリを使いましょう。

 

入浴時がベスト

まず皮膚を清潔にするといった面で入浴時、肌を洗った後がお勧めです。また入浴をする事によって毛穴も開き、皮膚も柔らかくなっていますから処理しやすいというメリットも。ボディーソープやシェービングフォームを使って肌を包むように泡立ててからカミソリをあてましょう。

 

毛の流れに沿って剃る

毛の流れに逆流して剃るほうが「剃ってる感じがする」のですが、深剃りの原因にもなりますし角質をそぎ取ってしまったり肌への負担が大きくなりますから注意しましょう。

 

カミソリで剃るのが下手な人は、シェービングフォームのような泡立てて使うタイプのものより、ジェルやスムーサーなど透明なものの方が皮膚が見えやすくてやりやすいかもしれませんね。
カミソリ以外にお勧めなのが電気シェーバーです。
電気シェーバーもいろいろとありますが、ヘッドがあまり大きすぎず扱いやすいものを選ぶのがコツ。
ベストは「カミソリと電気シェーバー両方使い」です。

 

自分で処理が出来ないムダ毛は正直に伝えるのが得策

見えない部位、自分ではできない箇所については特に背中やOゾーンは無理をしない事が一番です。
足でもふくらはぎなどは自分でやりづらい場所ですが、上記にあげたポイントを押さえて、充分に気をつけて行いましょう。
母親や姉妹など身内に頼める環境ならば、剃ってもらうという方法もあります。
うまく脱毛の処理ができなくても、脱毛ラボは有料とはいえシェービングサービスがあるので安心です。

 

>>脱毛ラボの特徴や最新キャンペーン情報を確認