【脱毛ラボQ&A】傷がある部位の脱毛施術

脱毛サロンで色素沈着などが原因で脱毛できない場合の対処

色素沈着が酷かったり、肌に傷があると脱毛できないの?
色素沈着は度合いにもよりますが、傷がある場合は脱毛施術を避けるべきでしょう。色素沈着の原因は主に自己処理や衣服のこすれで蓄積された肌ストレスが原因です。また肌の色が黒い場合は脱毛サロンで行う光脱毛と相性が悪く、多少の痛みを感じることがあるかもしれません。
このことも踏まえて脱毛ラボのカウンセリングで相談してみるのが良いでしょう。カウンセリングは無料で受ける事ができ、必ずしも脱毛施術へ申し込む必要はありません。専門のカウンセラーによる診断ですので一人で悩まずに聞くことが解決の第一歩となります。

 

肌に傷がある場合は脱毛を避けるべき

傷がある状態での脱毛は肌へかなりの負担がかかります。光脱毛ではピンポイントで脱毛が出来るので、どうしても脱毛をしたいという場合はその部位を避けて脱毛することが出来ます。ホクロなどと同じで傷口に光を反射するシールを張ることで傷周辺以外を脱毛可能です。

 

色素沈着を解消するには

肌の色素沈着はなかなか治りません。脱毛施術によって色素沈着が解消されたという人は多いようです。脱毛ラボでは最新の脱毛機器の導入によって痛みが少ない脱毛を実現させました。これにより、色素沈着が発生しやすいVIOといったデリケートゾーンも痛い思いをせずに脱毛が出来るようになりました。
また脱毛施術によって普段おこなっていたカミソリなどでの自己処理をしなくなり。結果的に肌ストレスが解消されることによって、黒ずみもなくなっていきます。

 

黒ずみや傷がある人の最善策!

一番良いのは一人で悩まずに無料カウンセリングで相談することです。肌に傷がある人は少し期間をおいて治るまで待つのが良いでしょう。
また、夏場は紫外線で肌が黒くなりやすいので、脱毛を始めるのであれば秋から冬にかけてが最適と言えます。

 

脱毛ラボの無料カウンセリングは?

クンセリングでは、主に肌の状態のチェックを行い不安があればその都度質問。施術の流れや前日の注意事項を細かく説明してもらう事ができます。脱毛サロンに通うのであればまずカウンセリングを受ける必要があるので、それを踏まえて足を運ぶようにしましょう。
脱毛ラボであれば全身脱毛をする人が多く、料金も非常に安いので複数部位の脱毛がしたいと考えているのであれば検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

>>脱毛ラボの料金や脱毛対応部位を確認