レーザー脱毛のメリット/脱毛ラボ

メリットとデメリット

自己処理以外の脱毛方法といえば、フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の2種類があげられます。
ここでは医療レーザー脱毛のメリットとデメリットを比較してみましょう。

医療レーザー脱毛のメリット
  • 施術がスピーディーで脱毛期間が短い(照射する光の出力が高いので施術時間が短く、期間も一般的には短め)
  • 産毛処理もきれいに脱毛できる
  • 医療機関だから安心
医療レーザー脱毛のデメリット
  • 高出力の為に痛みを感じやすい(レーザーの出力を上げると痛みが感じやすくなる)
  • 料金が高い
  • フラッシュ脱毛より強力な為に肌への負担が不安

 

自己処理よりもサロン

メリットはデメリット?

医療レーザーの一番のメリットは「医療機関で行う脱毛」である事でしょう。また医師が施術を行うのでレーザーの出力を高いラインまで上げることが可能ですから、施術がスピーディーという特徴があります。
しかしこれらは裏返してみるとデメリットにも繋がります。医療機関による脱毛施術ですが、
通常は保険がききません。自由診療になるので料金が非常に高くなります。
また高出力のレーザー脱毛ですから肌への負担も心配ですし、何より比較してみるとフラッシュ脱毛より痛みをより感じやすいといった面があります。

 

痛みを我慢したくない

レーザー脱毛の経験者でフラッシュ脱毛に変えた人のほとんどが「痛みと高額な料金」を理由にあげているんですね。
痛みという点で見ると、脱毛ラボが採用しているS.S.C脱毛方式の場合はビーンズジェルが抑毛効果を発揮すると共に痛みを軽減する役割もしているので、施術をしてもらった多くの人が「全然痛くなかった」「ほとんど痛みを感じなかった」と言っています。
全身脱毛というプランで考えると、脱毛ラボは他のエステ脱毛と比較してもかなり安い。例えば脱毛ラボでは12万以下で全身脱毛が可能ですが、ミュゼやエピレなどでは18万ぐらいかかります。
さらにレーザー脱毛と比べてみますと、医療機関によって差はありますが全身脱毛で安くても20万以上、中には50万ぐらいかかる所もありますので、料金の差というのは歴然としています。

 

「気軽に通える」
その1点で考えてみると、痛みのほとんどない施術方法で料金も安い脱毛ラボが一歩リードしているようにも思えます。脱毛ラボは皮膚科医のドクターサポートも受けているので、医療レーザーと同じようなメリットもあるというのも大きなポイントですね。

 

>>脱毛ラボの全身脱毛詳細はこちら